バディファイ党

カードゲーム「バディファイト」について色々と書き綴っていきます 裏はこちらから http://urabuddyfigtu.hatenablog.com/

バディファイトDDDスタートデッキ「爆熱太陽竜」紹介

f:id:kiza913x:20160303180742j:plain

今回はDDDスタートデッキの一つ、爆熱太陽竜を紹介

気になるポイントを踏まえていくゾ

ポイント①新属性

今回収録されているモンスター群は新属性<太陽竜>を持つ

今後どんどん増えていくだろうが現段階では他よりも枚数が少なく

モンスターは混成になる、魔法面は汎用性が高いのでここら辺は問題はない

 

ポイント②相手センターに依存する能力と貫通

<太陽竜>モンスターは相手のセンターにモンスターが居ないことで能力を得るモンスターがいる、このデッキには相手センターにモンスターが居なければ防御+4000する

炎天の騎竜ブレイジング・サンと相手センターにモンスターが居なければ打撃力を+1するメラブレード・ドラゴンが各2枚収録されている、ブレイジング・サンはサイズ3

で攻撃力7000で打撃力4で貫通と移動を持つがデフォルトの防御は3000とかなり低い

コールコストもゲージ3要求とかなり重い、一方のメラブレードは攻撃3000打撃2でサイズ1、サイズ1にしては貧弱な数値である、センター対策用として

登場時相手センターを破壊するジャイアントフレア・ドラゴン、登場時相手の場のカード全ての防御力を-2000するビビッドフラッシュ・ドラゴンも収録、どちらも心強い

そして貫通についてはこのデッキには4種、ブレイジング・サンを除く3枚は

アイテムの太陽拳ライジングナックルとサイズ1モンスターブライトハンマー・ドラゴン、そして目玉のバルドラゴン”バルグランドストライク”だ

ライジングナックルは攻撃5000で打撃2、装備コストゲージ要求2であるがまぁまぁの性能、ブライトハンマーは攻撃力が2000で打撃2、単一だとかなり不便である

グランドストライクは攻撃7000打撃3防御5000とサイズ2にしては使いやすい

 

今後太陽竜によってセンターを開けるか埋めるかの戦術の見極めがかなり重要になってくると思います、しかし太陽竜モンスター攻撃力が5000未満のモンスターがかなり多く

このデッキだけでも6種とかなり多く連携攻撃でないと厳しいので

ツインアタック・タクティクス(ツインアタックタクティクス)
魔法
クラン:ドラゴンW 属性:ドラゴン/ 竜騎士
■『設置』(このカードは場に置いて使う)
■【使用コスト】ゲージ1を払う。
■相手の場のモンスターが連携攻撃によって破壊された時、あいてにダメージ1。
■「ツインアタック・タクティクス」は君の場に1枚だけ『設置』できる。

を入れるとゲージも増やせて便利

攻撃力の低さが仇となってしまうので以下のカードには気を付ける必要も

竜炎瀑布(りゅうえんばくふ)
魔法
クラン:エンシェントW 属性:ドラゴン/ 火力

■【使用コスト】ゲージ2を払う。■【対抗】相手の場の攻撃力か防御力が2000以下のモンスター全てを破壊する。

これが一番痛い

攻撃力or防御力が3000以下はデッキには4種いるので今後太陽竜環境が続くとエンシェントのサイドボードにこのカードが入ってくるかもしれませんね

ファイヤーウォール・ドラゴン(ファイヤーウォールドラゴン)
サイズ:3 / 打撃力:2 / 攻撃力:6000 / 防御力:6000
クラン:ドラゴンW 属性:武装騎竜

■【コールコスト】ゲージ2を払う。
■“ファイヤーミラージュ”このカードが連携攻撃された時、相手とジャンケンする。
君がジャンケンに勝ったら、その連携攻撃を無効化する!
『2回攻撃』

元祖連携攻撃メタモンスター、このカードの防御力を突破できるモンスターもいるのですがやはり枚数が少なく、貫通を狙うとジャンケンに阻まれるのですがこれは運ですね

一応グランドストライクやシャインクレイモアなで単体で殴れますがエナジーで返り討ちになるので注意ですね

くらいですね、一応破壊対策でドラゴ・ボンド、ドラゴ・バリアやドラゴニック・フォースフィールドを入れるなどでこちらも対策するのも面白いかと

今回はここまで